むし歯治療むし歯治療

ホーム > むし歯治療

むし歯の治療のご案内

従来の歯科治療は様々な理由で、その原因療法よりも対症療法(例えば削って詰めること)が中心となる傾向がありました。その結果、一度治したはずの歯が再び虫歯になったり、せっかく高価な材料で治したのに、 思いのほかもたなかったり・・といったことを度々経験された方も多いことと思います。

患者さんは痛みが取れて、そこを金属などで補綴してもらうと、それで治ったと安心しがちですが、 実はそれからが大事なポイントなのです。
ぜひ私たちと「何が原因でその歯が虫歯になったのか」もう一度、良く考えてみましょう。

治療シーン

治療時の痛みの対策について

歯科の治療では局所麻酔を施す事が多々あります。
注射器を見るだけで、恐怖心を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
局所麻酔前には、表面麻酔薬と極細の注射針を用いることによって、針のささる あの一瞬の痛みを和らげるようにしています。また麻酔薬注入時の痛みが少ない 電動麻酔器を使用しております。その他の「痛み」の場面においても様々な配慮をしています。

むし歯の進行

CO (シーオー)

coの虫歯

表面が白く濁った色になりザラザラした感じになります。
まだ穴はあいていませんが、進行する可能性が高いので注意が必要です。
※上手なケアを行うと、健全な状態に戻ることができます。

C1 (シーワン)

c1の虫歯

歯の表面にあるエナメル質に小さな穴ができます。
痛みなど自覚症状がほとんどないので、気付かないこともあります。

C2 (シーツー)

c2の虫歯

エナメル質の奥の象牙質までむし歯が進んだ状態です。
  甘いものや冷たいものが、しみるようになってきます。

C3 (シースリー)

c3の虫歯

 歯の神経やその近くまでむし歯に侵されています。
神経が炎症を起こしているので非常に強い痛みを感じます。

C4 (シーフォー)

c3の虫歯

 歯全体がむし歯に侵されています。
歯の根の先に膿がたまったり、歯のまわりにも 病気の影響がおよび、歯を残すのが難しくなります。

お問い合わせ・ご予約はお電話でお気軽に
03-3652-0005 メールでのお問い合わせ
診療案内
  • ホワイトニング
  • セラミック治療
  • むし歯治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • 口腔外科
  • インプラント治療
  • レーザー治療
  • 入れ歯治療
  • 矯正歯科
ヒロデンタルクリニック 外観 tel:03-3652-0005 診療時間 10時から12時半 14時半から21時 木/祝休診
お問い合わせフォーム
Copyright (C)2020 Hiro・Dentalclinic All Rights Reserved.